ボランティア行って来ました

今日は晴れたと思ったら黒~い雲から雷ゴロゴロそして雨になったり、安定しないお天気です

昨日フットケアのボランティアへ参加してきました。
場所は仙台近郊の多賀城市です。
私の自宅からは約30分の所ですが、道も陥没した箇所が多くあり、家の外側が見るからに住めない状態だと思われる家が多賀城市に入ってから多くあり、それはそれは驚きました。

現在では仮設住宅の入居が進んでいるとはいえ、ここの避難所はまだ約300名が避難されているそうです。
震災当初は3000人がいたということです。
またペットと同伴できる施設もあり、ネコちゃんのトイレやわんちゃんのエサ入れなどが置いてありました。
日中はやはり外に連れ出したり、引越しのために連れて行っているのか、動物達には合う事はできませんでした。

平日の日中と言うことで人は大分少なかったのですが、12人のセラピストで伺い、約60名の方の足を施術させてもらいました。、少しでも癒しを感じていてもらっていたらうれしく思います。

フットケアはもちろん、施術しながら、お話をして心のケアをを目的としています。
今回感じたことは・・・・

ほとんどの方が仮設住宅も決まり、引越しをしている最中なのですが、引越しするのも業者にはお願い出来ず、自転車などで1日何往復もして荷物を運んでいるそうです。そういう事もボランティアをしてあげれる人が必要だと感じました。
物資は同じものばかり(お菓子や缶詰)が届いて、うれしいんだけど、困るという方もいらっしゃいました。
またある年配の女性は、子供に頼ることはしたくないし、持病を持っていて、仮設住宅を拒否したと言っていました。仮設は光熱費や食事の事は自分でしなくてはいけないとおっしゃっていました。プライバシーの確保と言われてきましたが、異なった考えを持っている方がまだまだ多くいるので、それぞれ対応を変えていかないといけないんでしょうね。
毎日政治家達が首相を変えないと動こうとしないような事をTVなどで見ますが、本当に今やるべきことをきちんとやってほしいです。被災地からしたら、本当に馬鹿馬鹿しくて呆れるばかりです。

と私の感情も入ってしまいましたが、震災から3ヶ月たって、また今までと違ったボランティアのあり方が必要になってきています。
たとえば仮設住宅で孤立しない為には、食事の提供は?などなど、今もボランティアのあり方を様々な方が模索していると思いますが、私も出来る限り応援をしていきたいと思っています。
これからも地道に長く活動していきたいです。

皆で応援していきましょうね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック